*




もうすぐ、5月も終わりですね。
ずいぶんとご無沙汰していました。


連休明けから、くーちゃんが急性の病気で入院していました。
一旦、回復し無事退院したものの入院中、別の病気に感染、再入院。
1歳の若さで亡くなりました。

退院後、薬を飲んでいるのに、いつもの元気も食欲も戻らず、
日に日によくなるはずが、日に日に悪くなっていってるようで
退院後5日目に病院へ行きました。
この時は、私も病院も最初の病気の予後が悪いとばかり思っていました。
この時は、エコーでお腹を見てもらい、(問題なし。)
食欲増進剤を注射してもらい、お薬を変えましょう。ということで、
新しい薬をもらい帰りました。

翌日も全く食欲がなく、このままでは弱ってしまうので、
点滴をしてもらおうと、病院へ。
この日は、先生に他にどこか悪いところがあるんじゃないでしょうか?
と聞いてみました。
この日、再入院しました。

この日の夜、先生から電話があり、血液検査の結果、腎臓、肝臓の数値は
正常なのだけど、増えないといけない白血球が減っているとのこと。
やっぱり、別の病気でした。
白血球の減っていく伝染病の疑いがあります。と言われました。
でも、今は顔もしっかりしているし、1週間くらいすれば(もてば?)大丈夫。
治らない病気ではないと聞き、この時は、まさかくーちゃんが
死ぬなんて思ってもいませんでした。

再入院した翌々日の夕方、病状が悪くなっていて
危ない状態です。と言われました。
前の入院の時は、面会に行くと、抱かれて連れてこられて、ニャーと鳴くし、
ゴロゴロ言ってたし、歩いたりできたんですが、この時は、カゴに入れてこられ
くーちゃんと呼んでも、ニャーとも言わず、私の方も見ないし、
目もうつろなかんじで一点を見つめていました。

スタッフの方の話しを聞きながら、名前を呼びながらなでてやるしかできません。
いつも面会は、30分位は一緒にいたのですが、面会してる間は点滴ができないので、
この時は、きつそうなので点滴してやって下さい。とすぐにお返ししました。

それが、最後になりました。

(治療を)やってみる価値はある。もう2~3日持てば大丈夫。
という言葉にすがる思いだったけど、くーちゃんの様子から厳しいのは
分かったし、重い気持ちで病院を後にしました。

それから、くーちゃんと別れて約7時間後の0時8分に病院から連絡がありました。
ミキの血を輸血してもダメなのかなー。
明日、先生に聞いてみよう。なんて考えていましたが、
明日はありませんでした。


翌朝、くーちゃんを迎えにみっちゃんと病院へ行きました。
もう、夜も朝もさんざん泣いていて顔がすごいし、病院では泣かないように。
と思っていたけど、診察室に呼ばれ、先生の顔を見た瞬間に、
ドバーっと涙が出てきて止まらなくなりました。
みっちゃんも、病院では絶対泣かないと言ってたのに泣いていました。
先生の説明では、白血球が減ってしまう猫の伝染病の疑いが強いとのことでした。
一度目の入院の時に病院で感染した可能性が高いとのことでした。
助からない病気でもなかったようですが、くーちゃんは、抵抗力が落ちてた
時だったので、持ちこたえられなかったようです。
先生は、もう一山だったのに。 とおっしゃっていました。

うちの子達、それぞれ個性があるのですが、
くーちゃんは、猫と思えないほど、優しくていい子でした。
くーちゃんが、子猫の時、男の子と分かった時は、正直、軽くショックでした。
男の子は、やんちゃで、激しいイメージだったので。

だけど、くーちゃんは、とっても穏やかな性格で、うちで一番のお利口さんでした。
くーちゃんが怒ったところも見た事ないし、いつもミキのお世話をしてるかんじでした。。
konoにもされるがまま、食事の時も、一番最後にゆた~っと来て最後に食べる。
私が顔を近づけたりすると、照れる。
時々、後追いして甘えてくることも。
何というか、くーちゃんなら何をしても許されるような、憎めない
ちょっと特別な存在でした。

ミキが手術で帰って来た時も、普通の猫は病院の臭いがするので、
親子でも、フーーっと怒ったりするんですが、くーちゃんはいつもと同じ。
去勢手術のお迎えに行った時は、そう愛想のいい方でない、病院の受け付けの
オバサンにも、おとなしくていい子ですね~。とほめられました。
チーも、ミキも、konoもほめられたことはありません。

憎まれ子、世にはばかる。いい人ほど、早く死ぬ。なんてことを
聞いた事あるけど、本当だな~、猫でもそうなのかな~と思いました。

今回、くーちゃんが入院した病院は、
いつものかかりつけではない病院でした。
最初に、くーちゃんを病院に連れて行く時、かかりつけに電話をした時間が、
かかりつけが閉まる2分前。
この日は会議があるらしくどうしても無理で、まだやっている病院を
教えてもらい、そちらに連れて行きました。
入院中に病院で感染したのだとすれば、最初の病気にもっと早く私が気付いて、
かかりつけに間に合っていれば、命を落とすこともなかったかもしれません。

病院を恨むのではなく、自分があの時こうしてれば、ああしてればと思うのです。
今回、くーちゃんがかかった病院には、精一杯のことをしてもらい感謝しています。
最初の入院の時から、最後まで、スタッフの方にも皆よくしていただきました。

去年の5月2日に生後1ヶ月くらいで拾ってきて、1年と18日。
今まで、元気なのが当たり前と思っていました。
1ヶ月前には、まさかくーちゃんが死ぬなんて思ってもいませんでした。
うちで過ごした1年ちょっと、短かったけど
いつも、チーとミキ、kono、私にみっちゃん。
いつも、誰かいる環境で、寂しい思いはさせたことはないと思ってるし、
毎日の運動会、konoとのバトルにイタズラ、みんなでお昼寝。
幸せだったはずと思っています。
それが、せめてもの救いです。

翌日は、思い出しては泣き、思い出しては泣きで、延々と涙が出ました。
ほぼ、1日中泣いていたので、顔もぐちゃぐちゃでした。
ボーっとしては、小さな波が来て泣き、大きな波が来ては大泣きし
の繰り返しでした。
今は、だいぶ落ち着いています。

病気と闘っている間、つらかったろうなと考えてしまってはつらくなり
くーちゃんは今は幸せなのか。とか、気になって、
いろいろな本を読みました。
ある本には、病気の時の姿でなく、元気だった頃の姿を
思い出すように書いていました。
ゆった~り優雅に歩くくーちゃん。 konoと遊ぶくーちゃん。
ミキの毛づくろいをしてあげるくーちゃん。
掃除機が嫌いで、冷蔵庫の上に避難するくーちゃん。
ミキの真似をして、網戸に上ってみるくーちゃん。
何にでも潜るのが好きなくーちゃん。
タキシードがかわいいくーちゃん。
いろんなくーちゃんの姿を思い出します。

天然で、いつも行動が一番最後なくーちゃんだったなー(笑)

そして、一番、気持ちが楽になったのは江原さんの本。


****************************************


ペットを飼う事は、動物が愛を学び、
進化をしていくのを助ける「ボランティア」です。

ペットは無になったのではなく今も魂の旅を続けているのだと
理解する事が大事です。

命あるものすべて、やがては死を迎えます。
それは、たましいのふるさとであるあの世に帰ることであり、
たましいにとっては、懐かしい里帰りなのです。
この世の価値観で見れば、死は不幸なこと、
悲しい出来事ととらえるかもしれません。
しかし、霊的視野に立って考えた時、犬や猫などのペットにとっても、
野生動物など、他の動物たちもいる『懐かしい場所』に変えることができる幸せ
なことなのです。

あなたの目には見えないかもしれませんが、
動物たちはあの世で幸せに暮らし、時々はあなたの様子を
見にきてくれていることでしょう。


****************************************

動物が愛を学び。とありますが、
私も、くーちゃんから愛を学ばせてもらったと思います。
今も、時々、私達を見に来てるかもしれません。

くーちゃん、みんなくーちゃんのことが大好きだったよ。
お母さんが、くーちゃんのこと大好きな気持ち、伝わってるかな?
くーちゃんの幸せを願ってます。
[PR]
# by lettre_n | 2008-05-27 18:23 | life